PS4にSSDを繋げました。

ゲームのロードが速くなりました。(挨拶)

要点だけ先にまとめます。
・PS4はUSB3.0でSSDをつける。Proは内部のHDDをSSDに換装する。
・USBで繋げた場合、ポートが1つ占有される。オンラインゲームをやる上でUSBハブを繋げない限りはUSB減るのはデメリット。(マウス・キーボード・コントローラー充電で考えると…)
USBで繋げた場合PS4のOSに当たる部分のシステムファイルは外付けSSDに移せません。起動時間短縮・ホーム画面のレスポンスは向上しません。
・上記のシステムファイルはSSDに移せないというのは、SSDに何らかの問題があってもシステムファイル・セーブファイルはHDDに残っているため、ある意味守られてる部分もあります。感覚的にはHDD・SSDのパーティション。
・何よりも早い。時は金なり。早ければコンテンツをその分回せます。効率を求める部分があるなら是非。
・USBで付ける場合は噂の次世代機PS5が来たとしても、記憶媒体として扱える。容量が多い事はPCを触るにもゲームを触るにも何にしても大きいに越したことはない。大容量USBフラッシュメモリ的な。

PCでもSSDに換装するともう戻れない…パソコンをいじるのであれば、真っ先にSSD化を勧める…そういう人をたくさん見て来たけど、私もその一人です。パソコンを快適にするためにはコスパが高い部分ですね。
それがPS4にもそのまま…?と思ってみると、換装・外付けしない手はない。と思い行動しました。
本当はFF14のキャプチャフォルダが四捨五入で100GBあってメンドクセエ!でしたけどね!
私の環境ではFF14の方もしっかり起動してます。

今回使用した機材。

私は内臓SSDとケースで繋げています。
いつしかのサイバーマンデーでPCをSSD化した時に、PS4も繋げようと思っていたのですが、結局今回まで長引きましたけど…。
Crucial SSD 1TBをPCで使って、何も不満もなく使えたので今回もPS4にはCrucial SSD 500GBを使いました。この記事作成時点ではAmazonでは7069円。

そして外付けにするためのケースを用意します。USB3.0対応して転送速度しっかりキープできるケースであれば問題ないはずです。私はコレをサイバーマンデーの時に購入しました。今はAmazonで1280円。

このケース、速度面では問題ないのですが、USB繋げる部分と同じ面に青色のLEDがありましてかなりピッカピッカ光るんですよね
それだけはちょっと不満点…。黒ビニールテープかなんかで隠すとかした方がイイかも。(壁に向けてもかなりぴっかぴかの明るさ。凄い。)

・PS4に接続した後。

設定>周辺機器>USBストレージ>拡張ストレージとしてフォーマット

その後に…
設定>ストレージ>本体ストレージ>アプリケーション>遊んでいるゲームデータを拡張ストレージに移動…

と、いう手順ではやーいです。HDDよりはやーい!です。

ファミコン時代は電源ON!でタイトル画面…とか、起動・ロードなんて関係なかったのにねぇ。
PS1の白画面からの黒の画面のあの流れとか、あーゲーム始まるでぇぇ~~って感じで嫌いでは無いけど、仕事疲れて少ない時間でゲームしよう。と思った時に起動の時間があると…みたいな所はちょっとあります。

ミート

様々な沼にダイブした事により、ENDLESS SKY(昔のHP)が復活しました。 キーボードやシンセをカメラやクロスバイクに持ち替え、趣味全開のサイトです。 DTM?うっ、頭が…。 flickerはhttps://www.flickr.com/photos/150996677@N03/

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする